読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

letraのほめぱげ

sorry, this page is Japanese only  キリ番は報告して下さい!!!!

SONY SmartWatch2 SW2

購入してしばらく使ってみました。

昔から腕に付けるなんかすごいアイテムが好きでした。

多分ドラえもんにでてきた腕ラジオの影響です。

 

10年前にはこいつで遊んですぐ飽きて、20年前にはこいつで遊んで、すぐ飽きました。

他にもスタンダードなのではデータバンクとか持っていましたが、

ただひとつ判ったこと。

 

「すごいけど実用性ゼロ」

 

そしてそれから10年後。

スマートウォッチが出てきましたが、

まぁ普通に考えてスマホあるならスマホでいいよね、と、気になりながらもスルーしてきましたが、ようやく衝動買いしたのがこのSW2です。

f:id:letra:20140606192257j:plain

見た目はシンプル。

機能もシンプル。一応電卓やゲーム等も不可能ではないですが、

スマートフォンからの通知」に特化した端末と言って差し支えないかと。

他のスマートウォッチのように、これで通話、音楽鑑賞はできません。

基本的に通知のみです。(操作で発呼とかはできますけど…)

 

通知は、着信はもちろん、Facebook,Gmail,Twitterやグーグルカレンダー等を通知し、読むことも出来ます。

Twitterの更新は15分間隔…というのが残念ですが、

実はWatchit!というアプリを入れることにより、スマホに通知されたものを全てSW2で受け取ることが出来ます。

f:id:letra:20140606192429j:plain

…というよりこのアプリがないと話にならない。

Watchit!を入れることにより、TwitterのリアルタイムPUSH通知はもちろん、キャリアメール、LINEも見ることができます(LINEも本文まで読めます)

ちなみに写真のように「ダウンロードしましたとか」のどうでもいい通知はオフにもできます。

 

バッテリーはこの使い方で3日ぐらいはいけそうです。

 

というわけでスマートウォッチを20年ぐらい使い続けて、ようやくまともな腕がジェットに辿り着いた気がします。

もちろんまだまだダメなところもありますが、これからが楽しみなガジェットです。

 

【まとめ】

良いところ

・値段が安い(1万ちょい。普通のファッションウォッチより安い)

・軽い

・機能がシンプル

・バッテリーが意外と持つ

・操作しなくても画面が見える。つまり、時計として普通に使える。

・歩きスマホしなくていい

 

悪いところ

・充電がMicroUSB。Qiかなんかの無接点はほしい。

・付け心地が悪い。特に付属のゴムバンドが最悪。時計メーカーじゃないしね。

・通販でしか買えない。

・ゴムバンドが一番きつくしても緩め。女性サイズは無い。

・やっぱりBluetoothがたまーに切れる(仕方ないけど)

 

これからのスマートウォッチにも期待です!

 

 

 

 

 

リスアニナイト Vol.1

アニソン中毒者のための熱い一夜!“リスアニ!ナイト Vol.01”レポート!|リスアニ!WEB

 

 

5/17に開催されたリスアニナイトに参戦してきました。

目当てはMOSAIC.WAV。と、同時に公式で行われる「アニクラ=アニソンクラブイベント」に興味があったこと。

 

ここ数年で一気にムーブメントとなった感のあるアニクラを公式でやるというのが面白い。

自分がアニクラに熱心に参加していたのは電波ソングナイトがあった頃なので、5年ぐらい前かな?

その当時はアニクラという言葉もなかったけどやってる事は一緒。

最近は殆ど参加していない…単純に高まる曲の好みが違うから。

 

さて、肝心のイベントですが…さすが公式!というか、最近の曲が多い。

声優系メインの、アイカツ縛りの…00の監督いるのにガンダムないのが謎。

 

酒飲みながらマッタリしてたので、地下アイドル系のライブもあり、

まぁホントに普通のアニクラでした。オタ芸禁止が珍しかったけど。

 

さて、MOSAIC.WAVの出番です。やっぱり後ろで酒飲みながら見てたけど。

モザは酒飲みながら見るのが最高という話をしながらビール片手にね(ひどい人は両手に)

 

持ち歌のセトリはド定番だったけど、そのおかげで結構盛り上がってた感があります。

アニソンポリフォニーメドレーが受けてました。カルカルで歌ったバージョンからさらにブラッシュアップされてましたね。

(既存のアニソンの人力マッシュアップ、同じコード進行の曲を同時に歌ったりする)

 

ダグオンのコードに君をのせてが完全に乗るのは想定できない。

 

その後は…なぜかバースペースで単なる飲み会にw

みーこさんや柏森さん含め、ファンの人と一緒にひたすら飲み、

話を聞いて、聞かされて。

現場でよく見かけるけど、なかなか話せず、初めて話すような方とも話せたので、その意味でも良かった。

 

音楽について、貴重な話を聞けました。歌詞についてや、転換期、悩んだ事もあった…等、

むしろそれリスアニのインタビューで話してくださいよ是非聞きたいですよというお話。

さすがにここで詳細を書くのはアレですけど。

 

みんな酒を飲んでしたたかに酔っぱらって、

UNISON SQUARE GARDENのベースの田淵さんがDJとして乱入して、

なぜかMOSAIC.WAVの超妻賢母宣言を流して、かやぴーがステージに乱入して、

その後HISASHIまで現れるという怒濤の朝方がハイライト。

本当にサプライズ(主催も誰も意図してなかった)ばかりですよ。

そういえばモザは田淵さんの曲編曲してましたね。

 

ぜひ、このイベントは第二回もやってほしい!と思ったけど今回みたいなカオスはあるのかないのか。

第一回ならではの手探り感がサプライズを生んだのかもしれない。

 

てさぐれ!

記録

誰もがインターネットに繋ぐようになってからは、まだそんなに経ってない。

ネット上の女性は殆どネカマと言われていた時期もありました。

(昨今はネカマが死語となっているのが興味深い)

 

様々な人がソースにネットの情報を頼る。

知らなければ「ググれ」で解決。そんな時代になってきた。

 

しかし、当然ながらインターネットは集合知であり、誰かがアップロードしない情報は存在しない。

また、誰かがアップロードした情報は、消すことができず永久に残ってしまう。

 

逆に言うと、誰もアップロードしない情報は存在しないのと同じということ。

 

昔の楽しかったライブや、イベント。

検索してもほとんど出てこない。小さいイベントならなおさら。

 

あるのは、公式のレポート。

そして、Twitterの短文。

 

たぶん、本当に知りたかった情報は残らなくなってきている。

 

少し寂しい。

 

「聴いた歌や思い出は キミの中でゆっくり色を変えてゆくけど ボクの中ではちっとも変わらない 誰より正しく覚えているから 」

 

人間には人間の、機械には機械のできることを。

dアニメ!みらきゃすと!

dビデオはHD化:ガンダム、“素早く”大地に立つ――ドコモ「dアニメストア」がHEVCを採用 - ITmedia Mobile

 

dアニメを契約しました。

最近流行のアニメ見放題サービスですね。

新しめのアニメに加え、懐かしの作品も多々あって…

とてもdocomoのサービスとは思えないほどニッチなアニメも提供しています。

 

このサービスの面白いところは、別にdocomoユーザじゃなくても見れるところです。

auでも、さらには携帯を持っていなくても、パソコンから見ることも可能なんです。

 

f:id:letra:20140521200308j:plain

 

全部見れて400円なので、とりあえず契約してみました。

グルグルなんかも観れるよ!全話!

 

でも、5インチとはいえ、スマホの画面で見るのは疲れる。

そこで、TV(40インチに出力することにしました。

これからさらに高画質化するみたいですしね。

 

"もちろんMHLやMiracastに対応したモデルなら、大画面テレビにも映し出すことも可能だ。同社は今後の展開について、フルHD化の予定はないものの、HEVC/H.265対応については順次検討していくとしている。"

 

とのことです。

 

TVに移すのに、必要なものは選択肢として、コレ。

 

 まぁmiracastに対応していればなんでもいいんですけど、

これが評判よく、安かったので。

ちなみにiPhoneであれば、Apple TVを購入すれば似た様なことができます。

 

さてさて、到着して、設定。

実物はほんとに小さい。携帯より小さい。

 

f:id:letra:20140521200321j:plain

 

簡単に設定できます。このとおり。

わー大画面だー

 

f:id:letra:20140521200503j:plain

 

 

さあ、アニメを見よう。大画面で視聴は楽しいだろうナァ。

 

 f:id:letra:20140521200530j:plain

 

………

 

……

 

 

もちろんMHLやMiracastに対応したモデルなら、大画面テレビにも映し出すことも可能だ。
もちろんMHLやMiracastに対応したモデルなら、大画面テレビにも映し出すことも可能だ。
もちろんMHLやMiracastに対応したモデルなら、大画面テレビにも映し出すことも可能だ。

 

 

解散

au Xperia Z1 SOL23

auXperia Z1 SOL23を衝動買い貰いしました。

 

自分はメイン端末は、ここしばらくiOS端末。

途中androidに何度も浮気しつつ、iOS端末に戻る…の繰り返し。

 

Macbook Air&iPhone&iPod touch&iPad 持っているけど、別にMac信者でもなく。

Vaio&Walkman 持っているけど、別にソニー信者でもなく。

 

信者同士の争いって見苦しい。

気にせず全部買えばいいだけなのに。

 

まぁいいや。

 

iPhoneの良さは、カスタマイズの幅が狭いこと。

ヘンなアプリを入れてもよっぽどのことをしなければ電池もちに悪影響を及ぼしたり、

着信音がならなくなったり、スリープしなくなったり…ということがないわけです。

 

毎日使う端末としては安定性とリアルタイムの通知が大事。

(レグザフォンの悪口ではありません)

 

さて、Xperia Z1。

 

f:id:letra:20140513220954j:plain

 

サイズはギリギリ片手で使える大きさです。

大画面でFullHDなので、写真の画質、動画はかなりキレイ!

ただ、画面がでかいのはメリットと同時にデメリットでもある訳で、覗き見されやすくなるってことでもあるから…

 

そういう意味でもiPhoneはバランスいいんですよね。

 

…しかし、ガラケー時代はかなりの人が覗き見防止シール張ってたのに今は殆ど見ないのは何でだろう?

 

とりあえず、しばらく利用して評価を決めよう。

 

ファーストインプレッションは、

「動作はサクサク動く、カメラは期待したほどでもない」

…ってところかなぁ。

 

端末とは違うところだけど、Twitterアプリがどれも微妙にピンとこないのがちょっと残念。

 

とりあえずせっかくZ1買ったし、SmartWatch2 買おうかな

あの有名ユニットが再結成!みたいなノリ だといいな

初心者ですけどホームページを開設いたしました!

 

うそです

 

Facebookは、どうしてもある程度真面目な事やイベントについてしか書けない。

Twitterは、「好きなことをつぶやく」ツールであったはずだが、流れや、ネタを演出しないといけない節もあり、本当に「好きなことをつぶやく」のは結構難しくなってきた感もあるんですよね。

 

マイペースで適当に書くことと…そして数年後ログに残せれば。

 

過去記事を見てたら懐かしくなったけど、やってること変わらないナァ。