letraのほめぱげ

sorry, this page is Japanese only  キリ番は報告して下さい!!!!

MOSAIC.WAV RE:1ST LIVEに参加したので、その感想と、MOSAICWAVについての振り返りとマトメ。

MOSAIC.WAV RE:1ST LIVEに参加したので、その感想と、MOSAICWAVについての振り返りとマトメ。

 

RE:1ST LIVEとは、10年前と同じ会場で、当時のセトリ(だけじゃないけど)を振り返るコンセプトのライブであり、また久々のライブハウスでのマトモなライブであり、

ファン(愚民と呼称される)が期待していたライブである。

前回のマトモなライブは3年前ということもあり、大いに期待していた。

 

セトリは公式。

www.mosaicwav.com

 

滅多にやらない曲も含め、概ね満足できるセトリだった。

欲を言えばあと1時間欲しい。聞きたい曲が多すぎる。

MCでも「これからもよろしくお願いします!」と前向きな発言があったので、聞きたいけどやらなかった曲は次回以降に期待することとしよう。

 

さて、ここからが本題。

MOSAIC.WAVとはどんなユニットか、ということを改めて振り返ってみる。

萌え系、電波ソングの代名詞とされているが、

個人的にはあまりそこは重要だとは思っていないし、表面的な部分で評価されるのは勿体ないとも感じていた。

 

まずユニットを構成するみ~こ、柏森進の2人のみで大半の楽曲が作詞作曲、編曲を行い、テーマに統一性、一貫性がでていること、そして緻密に(論理的に)構築されている楽曲群、

メッセージ性の高い歌詞にあると自分なりに分析している。

 

電波ソングというと「わけのわからない歌詞」と揶揄されることが多いが、

主にアルバム曲に多いのだが、ストレートに「メッセージ性の高い歌詞」を「ニッチ層に向けて」ぶつけてくるユニットは稀有ではないだろうか?。

(本人はどう思っているかは判らないので勝手な解釈であることは言うまでもない…が、以前インタビューでかわいい曲だと言われると違和感を覚える、との発言はあった。)

 

フェスやゲスト等で登壇する際は認知度の高い曲を演奏することが多いため勿体ないと感じている。

しかし最近はMOSAIC.MIXという「アニソンのコードが似通った曲等を同時に歌う」パフォーマンスが多いため、変態性に触れている人も多いのではなかろうか…と、思う。

 

まぁ、そんな感じで。

ここからはあまりフェス等で歌うことは少ないが、ファンに人気が高くて、個人的にも好きな曲をいくつかオススメしてみたいと思う。

(リンクはHPに視聴があればそちらに、なければ歌詞サイトに飛びます)

 

電気の恋人 I am Programmer's Song

http://www.sham.jp/studio/sound/denki/

プログラマに未来と可能性を感じていた人に刺さるソング。

電波要素はほぼない。「今はネットの世の中で、おまけに僕はプログラマー」は、ヨイトマケの歌のオマージュですね。

 

キミは何テラバイト?

http://www.sham.jp/studio/product/03terabytes/index.shtml

デジタルを歌った歌…ではなくしれっとノスタルジーを突っ込んできておっさんに刺さるソング。イントロが既にエモくて泣ける。

 

片道きゃっちぼーる

片道きゃっちぼーる MOSAIC.WAV - 歌詞タイム

アニメタイアップ。TVで使われていた1番の歌詞は案外ストレートだが2番から急変。

「世界中で流行るディスコミュニケーション」「2人の会話コピー&ペースト」

個人的にはネットでのコミュニケーションのこと?と解釈していますが真相は不明。

Twitter出現より前の話だもんね。

 

ギリギリ科学少女ふぉるしぃ

http://www.sham.jp/studio/product/06falsie/cd.shtml

 「疑似科学」がテーマ。これのリリース直後にあるある大事件が起きて、

疑似科学が問題になった記憶。「「アキバポップは有害です!!」」はライブで叫ぼう。

 

フォトンベルト観光ホテル

http://www.kasi-time.com/item-70191.html

2番からの曲展開やばい。以上。

 

Cross Lyric/Crossing Heart

これはCDを買って歌詞カードを読まないとわからない。

歌詞が縦読みと横読み、とにかく変態。パズル。そして曲として破綻していない…ロジックの極みのような楽曲。

 

(番外)おなかいっぱい

…これ作った時何かあったんだろうなぁ、と思わざるを得ない曲。

ライブでもやったことないし歌詞が闇深すぎる。

 

とりあえずこんなところで。

AKIBA-POPシリーズも語りたいけどまた別の機会に…

どのCD買ったらいいか悩んだら、

とりあえず、ベストアルバムを買えば一通り満足できるかと思いますよ。

 

 

動画を壁紙にしてその半歩先へ

動画を壁紙にするソフトが一部で流行っているようで。

そこでもう少し進んだ利用方法を提案してみます。

 

何か作業しながらアニメを見る…というのはダメなオタクにはよくあることかと思います。

今まではサブディスプレイを用いて鑑賞していましたが、案外「視線移動」が面倒になることありませんか?

人間の目はどうしても動くものに対し注視してしまう…そうです。

こんな感じでの視聴。

 

アニメ見ながらTwitterをやるにしてもどうしても文字を打つ際は視線を切り替えなければならないわけです。

 

そこで壁紙として動画を再生することに。

この機能は動画プレイヤーとして定番のVLC media playerで標準実装されています。(軽く、多彩なコーデックに対応しているので、私は普段使いのメディアプレイヤーにしています)

VideoLAN - オープンソースのビデオフレームワークであるVLCメディアプレイヤーの公式ホームページ

 

さて、試してみましょう。

 

f:id:letra:20170110214757p:plain

…うん、ウィンドウ邪魔。

 

あきらめるのはまだ早い。

 

ここで、デスクトップの任意のウィンドウを半透明化できるフリーウェアを組み合わせます。

www.lifehacker.jp

他にもいろいろあると思いますが、とりあえずこれ。

Windows7まで対応しているような記載がありますが、10でも問題なく利用できます。

 

アプリを常駐させ、任意のホットキーでアクティブウインドウが半透明にできます(濃度も変更可能)

あまり利用しないキーにアサインするとよいでしょう。

 

さて、試してみよう。

 

f:id:letra:20170110215139p:plain

 

完璧!!!

 

これでアニメ見ながら作業可能です(このブログも実際アニメ見ながら執筆中。)

例えばPVを流しながら作業するのも良いかもしれません。

 

えとたまは神アニメ。

 

Amazon cloud driveをローカルにマウントして無限ドライブとして使ってみる。

Amazon cloud drive(以下ACD)を契約してみました。

www.amazon.co.jp

 


無制限オンラインストレージ…なのですが、過去に無制限ストレージと呼ばれたものは、殆どサービスを停止してしまいました。

今回はどうなるかはまだ分かりませんが、無料期間でテストしたところ、
悪くなさそうで安価だったので契約して使っています。

無制限で年額 13,800円。まぁ月1000円ちょい…と考えれば妥当ではないでしょうか。
他社は概ね1TBで月1000円なので。

…といいたいところなのですが、米国のamazonだと全く同じサービスが年額$59.99なんですよね…
ちなみに日本からも利用できますので、米国で契約したほうがお得かと思います。

実際に私も米amazonのを契約しています(というより、契約した時点では日本でサービスしていなかった)

ただ、登録ID(メールアドレス)は日本のamazonのものと同じにすると、クライアントソフト側で「おめー契約してねえじゃん!」とはじかれる場合があるようなので、米国で契約する場合はメアドを分けたほうが無難です。


【使い勝手】
…基本的に悪いです。

●クライアント
標準のクライアントだとHDDと同期しかできません…
これはクラウドに10TBアップロードしたい場合は、ローカルに10TBの領域がないとアップロードできないことを意味します。

●ブラウザでアップロード
ブラウザにドラッグアンドドロップで、快速でアップロードできます。
しかし重複判定等がなかったり、2GB以上がアップロードできません…

●ダウンロード
その障壁を乗り越えアップロードしても、動画ファイルのストリーミングは20分以上のものはまったく見れません

だめじゃん。録画したアニメみれねーじゃん。


そこでサードパーティのソフトを使いましょう。
なんと、サードパーティーソフトであれば、ACDを無限ドライブとしてドライブレターを振れます!!!!!

が、そこでもいろいろ問題が…
ソフトはいろいろあるんですよ。いろいろ。

環境によると思いますので、あくまで私の環境。

(windows10 64bit)


サードパーティーソフト】
1.ExpanDrive
ACDをローカルにマウントでき、ドライブレターが振れます。
Windowsだと日本語が文字化けして使い物になりません。

2.CarotDAV
Webdavとしてマウントできるソフト。
ドライブレターは振れましたが、固まります。

3.ACD Dokan.NET
ローカルとして(ry
ドライブレターは振れまして、閲覧はできましたが、アップロードすると固まります。

4.Netdrive
ローカルとして(ry
ドライブレターは振れまして、閲覧もアップロードも安定しています。日本語も対応している。

f:id:letra:20160912235631p:plain


(ただし、アップロードは遅い!)
…でも有料ソフト。でも見たところドライブレター1つだけなら、そのまま使えるみたい?

 

f:id:letra:20160912235811p:plain


普通に買うと5000円程度。ちなみに他のクラウドにも対応しているので、
安定して使えるなら買ってもよいかと思います。

アップロードの遅さについては、恐らくAPIの制限だと思います。
しかしながら快適にアップロードする方法も発見したので…それは疲れたのとまだ試験中なので、次回。

rcloneという、Linuxrsyncみたいなコマンドラインツールを見つけたのです。

 

 

 

働いたら、やっぱ負けだよね~Jabra mini

www.jabra.jp

なんてことないbluetoothヘッドセットなんですけどね。

仕事用に買いました。

現在の部署はやたら電話が多く、電話で色々調整しながら調べものしたりで

両手が空いていたほうが良いので。

 

なので、安価なものをチョイス。amazonで2400円ぐらいでした。

これの良いところは、この値段でマルチペアリングが出来、複数の端末の待ち受けができるということ。なので業務用のスマホと、プライベートのスマホ

両方待ち受けしてます。

 

そうすると何がいいことがあるかというと…

プライベートスマホからこっそり音楽やラジオを流し聞きしながらサボる仕事できるんですね。

しかも、見た目はただヘッドセットつけてるだけ。

 

ええ、ぶっちゃけそれが目的です。

 

さあ、明日もサボ …働くぞ!!

 

僕は社畜にはなれません。音漏れにだけ注意しなきゃね。

海外通販のススメ

さて。

 

ガジェットを買いまくる人、イヤホンを買いまくる人。そのどちらも今や避けて通れないのは海外通販。

いわゆる個人輸入ですね。海外通販について、少し書いてみます。

 

【メリットは?】
なぜ海外通販をするか?
シンプルな答え。それは日本で売っていないものが売っているから。
あるいは、「日本だけ発売日が遅い」「日本だけなぜか高い」等。
日本では発売日の発表すらないものが海外では既に売っていたり、日本代理店が撤退しているケースも。


【デメリットは?】
基本的には英語力が必要。…というわけでもありません。
中学校レベルの語学力が無くてもたぶん大丈夫です。

google翻訳先生に頼ってください。便利な世の中ですね。

 

しかし、不具合があった時が大変。これは間違いないです。
英語で交渉しなければならないので。

 

肝心の総額は円相場に左右されますが、タイミングを見計らいましょう。

クレカの場合ドルで払えば、クレカのレートでの支払いになります。
Amazon.com等は円で支払うとアマゾンレートでやたら高くなるのでお勧めできません。


【どこで買うの?】
米国系はAmazon.comで簡単に買えます。
一度登録してしまえば、日本のアマゾンと同様にワンクリックポチで注文完了。
ただし日本に発送してくれない商品もあります。その場合は決済のときに怒られます…


問題は中国系。

主にAliexpressというサイトで買い物ができます。
ただし、これは日本で言うところの楽天市場です。
「セラー」と呼ばれる業者があり、実際の商品のやりとりは「セラー」と行います。
信頼できる業者を取捨選択するのは自己責任。

ガジェット系は、大手のサイトがありますので、そちらがお勧めです。

 

Geekbuying.

www.geekbuying.com

 

GearBest.

www.gearbest.com

 

Everbuying.

www.everbuying.net


どのサイトも特に怪しいサイトではありません。
ただし定期的にセールが行われ、日替わりのように価格も変わりますので、
欲しい商品があるからといってすぐに買わずに様子見して買うのがお勧めです。
タイミングによってはトップページにクーポンも出ますので、狙ってみてください。

ただ、日本の通販で慣れているとカルチャーショックなのは、出荷までにずいぶん時間がかかるケースがあること。
下手したら1か月かかる場合もあるようです。

発送方法は大体のサイトは複数選べます。
基本は無料か10ドル以下がほとんどですが、速達オプションを付けると早くなるかと思います。

基本の発送は「国際郵便」となりますが、追跡番号がメールで送付されますので安心です。
紛失した場合は知りませんけどね。

 

…さて、なぜこんな記事を書いたかというと…
最先端の商品は海外にある。日本では売っていない。開発すらしていない。
昔はあきらめるしかありませんでした。
今は、こんなに簡単に個人輸入ができる世の中です。
日本のメーカーはもっと危機感を持ったほうがいいんじゃないのか?と思って止まないからなんですね。

さて、また何かぽちるか。

とりあえずRedmi note 3 Pro. Leeco Le max 2 . Mi max のいずれかを買う予定。

 

どれも日本のキャリアモデルのハイエンドクラスのスマホですが、

海外で同じスペックで2~300ドルですね。

 

やれやれ。

Welcome to UNDERGROUND

インターネットが普及し始めて、しばらくの間はアンダーグラウンドなインターネットというものが「あった」。

勿論現代でも存在するが、主に「黒字に白字」「リンク貼らないでください」「会員制」等、ここはやばいサイトだぞと自らアピールというより今でいう中二病のようなサイトが多かった気がする。

 

エミュレータMP3,”WAREZと呼ばれる違法コピーや、

ハッキング、クラッキング、怪文書

 

その中でも“MP3”。隠語で「もせあ」等と呼ばれていたが、

今では信じられないが、当時は「アンダーグラウンド」な物だった。

ある時、韓国のセハン情報システムという会社が「MPMAN」というなんだそれどう考えてもウォークマンのパクリじゃねーかなんてMP3を直接32M(!)程度の大容量メモリに入れて再生できるDAPを発売したのだ。

 

それも、ヨドバシ等のメジャーな家電量販店で売られることはなく、電気街の小さな店でひっそり売られる類のアイテムで、確か当時購入したのは名古屋の大須の電気街だったのを覚えている。

実用的かどうかはともかくエポックメイキングな世界初のアイテムだったので物欲には勝てなかった。

 

実際使ってみるとCD1枚分程度しか入らないので最初からCDMDでいいじゃねーかって気がしないでもなかったがそれは忘れることにした。

 

しばらくしてMP3をCD−Rに焼いたものが再生できるポータブルCDプレイヤーも発売されてすげーこれ640Mも音楽記録できる聞ききれないじゃねーかやべえこれって思って即買ったら、今度は音飛びが多くてバスの中ではろくに聞けないというオチが待っていた。

 

 

そしてiPodが出た。

 

それからAppleがポータブルオーディオで圧倒的シェアを取るのはご存知の通り。

MP3は物凄くカジュアルなものとなって、是非はともかくとして(音質を気にしないという前提であれば)大抵のものがYouTubeにある。

 

そもそもYouTubeアンダーグラウンドなものであった。

当然ながらそれを下敷きにしたニコニコ動画アンダーグラウンドなものであった。

 

結局のところ、イノベーションアンダーグラウンドから始まる気がする。

 

今は即通報で終わりになるインターネットかな。

 

タイトル書いて思い出したけどげっちゅ屋って昔COMIKE.COMって名前だったね。

イヤフォンレビュー:final adagio III

final-audio-design.com

珍しくイヤホンレビュー。

まぁ、ずいぶん前に買った機種なんですけど…

 

final(final audio designより改名)のイヤホン、adagio III。

final社は羽生選手が愛用していることで有名な高級オーディオメーカーです。

(というか値上げして高くなった…)

そこのイヤホンなんですが…なんとこのイヤホンの値段は!!

 

 

4,000円。

 

 

 

40,000円…ではなくて4,000円。ちっとも高級じゃない!

見た目はケーブル交換もできないので割とチープです。

付け心地は良好。

 

肝心の音質は…というと、これが変態なんです。

「え?このプラスチックからどこから出るの??」というぐらいの低音。

しかし、高音域が潰れているかというとそんなことはない。伸びはないが、

悪くはないぐらいには出る。「ドンシャリ」ではなく「ドン」なイヤホン。

 

ライブハウスの最前列付近の雰囲気が楽しめる稀有なイヤホンです。

(オー○クのCKSなんちゃらよりずっと良い)

ライブ音源を聞く場合や、電車などで低音の掻き消される場所ではホント最高。

これを聞いた後他のイヤホン聞くとある意味では物足りない。

 

クラブとかライブとかで楽しむことが多い人にはお勧め。

ただし、奇麗にボーカルや楽器を楽しみたい人は決して買ってはいけない

 

個人的には手放せないイヤホンの一つですけどね。